Thursday, May 31, 2007

[速報]基調講演 - Greg Stein

Googleで、Engineering Managerとして、オープンソースの促進を努めているグレッグスタインがキーノートを務めました。Apacheの議長でもある長髪のグレッグは、発表にだいぶ慣れた、落ち着いたしゃべり方で、オープンソースと、グーグルにとってのその大切さを丁寧に説明しました。

2002年からGoogleのオープンソース活動が始まり、着々とGoogleのサービスをAPIを通じて公開してきました。グレッグ スタインが入った2005年頃から、 code.google.comが公開され、GoogleのAPIの数が急増し始めました。ウェブの開発者にとって良いことは、ユーザーのためになるし、ウェブのコンテンツの豊かさアップにつながるので、Googleはできるだけオープンソースコミュニティーに「恩返し」(give back)しようとしています。

Googleの最初の、積極的なオープンソース実験、sitemapsは、そのプロトコールがCreative
Commonsライセンスで、ほかの検索エンジンが使えるようにしました。なんと、ヤフーとマイクロソフトと手を組んで、
sitemaps.orgを設立したということ。そりゃ知らなかった・・・
オープンソースの中で、いろんなライセンスがあるのに、あえてグーグルだけのライセンスは作らず、ApacheやBSD、GPLのライセンスを使用しているそうです。

そしてAPIやプロトコールだけでなく、ソースコードの公開もしているそうです。Googleの中で開発しているソースコードの80-90%まで、公開してもグーグルの利益に損はない、と。(それもびっくり!)その一例は、GWT(Google Web Toolkit)で、コミュニティーの開発者がもっといいサービスが提供できたら、Googleにとってもすばらしいことだとのこと。確かに、オープンソースのソフトウェアがインターネット、ウェブの新しい時代を生み出したと言えるでしょう。Linux、Apacheや、データベースのMySQL、Postgres、ウェブブラウザーのFirefoxが従来のビジネスモデルを変えた、とグレッグが説明。

この話を聞いてると、自分がソフトウェア業界の大きな変化の真ん中に入ってきて、なんかどきどきした気分になりました。Googleがオープンソースを使用、支援、社員が開発したソースコードまで公開したから、ここまできたわけで、オープンソースの理念が成功につながる証拠だと思います。10数年前からのLinux Userとして、こういったオープンソースの成功を見ると、本当に感動します。これからもオープンソースのコミュニティーのますますの活躍を期待しています。

(Brad)

No comments: